読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中を空っぽにするブログ

株式会社ジェネストリームを経営しています。スタートアップ、ベンチャー経営から分かった事や感じた事を書いていきます。

変えたい時に変えるのは、他でもない自分自身だった。

こんにちわ。

早いもので、今年も残り4ヶ月となりました。

 

9月1日というタイミングなのと、さらにギアをあげて行く必要があるので、

今日は9月の方針を書いておきたいと思います。

 

9月のテーマ

9月のテーマは、「Change, Yes we can.」です。

 

f:id:lrascggl:20150901141037j:plain

出典:http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20090324/64457_200903240304243001237892299c.jpg

 

特に、「Change」が重要だと思っています。

 

この「Change」は、今振り返ると7月頃から少しずつ始まっていたように思います。

 

まずは7月から振り返ってみたいと思います。

 

 

7月の振り返り

7月の反省は、周りの環境にを意識するあまり、波に飲み込まれていたことでした。

つまり、溺れていたんですね。

 

それは僕自身が考えすぎるがあまり、全方位にアンテナを張ってしまっていたせいです。

 

8月の振り返り

7月の反省を踏まえ、8月は平日の外部とのコミュニケーションや飲みなどはほぼカットしていました。

そのため非常にフォーカスし、内に向かうことができたのは良い改善になりました。

 

しかし、8月の反省点は、正解に固執してしまったことです。

 

僕らのやることに正解がわからないのは分かっているのですが、どうしてもどこか正解を探しに行ってしまっていました。

また、「もっと効率よくできるのでは?」と自問自答し、結果的に動きが遅くなってしまったというのが反省点でした。

 

9月の動き方

この2ヶ月の「Chage」を総括し、9月はもっと大きな「Change」を成し遂げていくのが目標です。

 

具体的にいうと、そのChangeには2つあります。

1.正解を探すのではなく、答えを作っていく

2. 波に飲み込まれるのではなく、自ら波を作っていく

 

少し詳しく説明します。

 

1.正解を探すのではなく、答えを作っていく

僕たちのやっていることに、そもそも正解なんてないんです。

むしろ、やったことを正解にするのが仕事なんです。

 

スタートアップにとっては当たり前なのですが、そんな当たり前ができなくなってしまっていました。

もう一度、自分たちが新しい世界を切り開いている自信を持って、答えを正解にしていきます。

 

2.波に飲み込まれるのではなく、自ら波を作っていく

これは、今の技術の流行りがどうこう、過去のサービスがどうこう、そんなことには惑わされてはいけないということです。

 

それは波に飲まれています。

 

僕たちがやらなければならないことは、みんながそう思うくらいの流行の波を作ること。

僕たちの一挙手一投足に世界が注目するくらい、世界一生活に密着したサービスを作ること。

 

この世界を飲み込むくらいの気概でいなければなりません。

 

 

まとめ

こんな「Change」を目標に今月はやりきっていこうと思います。

 

「Change, Yes we can.」

 

人も変わる。

組織も変わる。

仕組みも変わる。

やり方も変わる。

 

でも一番変わらなければいけないのは自分自身。

 

自分が正解だと思わず、焦点を絞って成長可能性をスピーディーに追求していくという視点で9月は戦っていきたいと思います。

 

おまけ

変わってしまった秋貞のことは嫌いでも、ジェネストリームは嫌いにならないでください!