読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭の中を空っぽにするブログ

株式会社ジェネストリームを経営しています。スタートアップ、ベンチャー経営から分かった事や感じた事を書いていきます。

Googleの二段階認証を手軽に済ませる方法

こんにちは。

 

最近は様々なクラウドサービスがでて便利になってますが、その反面新しい脅威も出現しています。

 

例えばこれ。

はてなでも他社サービスから流出したパスワードを使用したとみられる不正ログインが発生 | スラッシュドット・ジャパン セキュリティ

 

以前のセキュリティの脅威と言えば、特定事業者のサーバをハックしてメールアドレスとパスワードを流出させるというものでした。

 

しかし、様々なサービスを使いだすと、「メアドもパスワードも一緒じゃないと覚えられないし」という思いから、どうしても同じメアドとパスワードを使いがち。

それを逆手に取って、セキュリティの甘いサービスからメアドとパスワードを盗み、セキュリティが高く多くのユーザーがいるサービスへの侵入を図るというケースが急増。

 

そこで採用されているのが、「二段階認証」というセキュリティシステム。

 

メアドとパスワードを入れた後に自分の携帯に電話かSMSがきて、6桁の番号を入力させるあれですね。

 

この6桁の番号は自分しか分からなく、そして一定時間しか有効でないので、一気にセキュリティは高まったと言えます。

 

しかし唯一の欠点が。

 

 

めんどくせぇ。

 

 

例えば外出中に二段階認証の電話がかかってきたとき。

覚えられないんですよ。6桁って。

※僕は、頭の中にキーボードをイメージして順序で覚えるという特殊能力を身に付け対応していました。

 

 

そんなことを社内でぼやいていたら、こんなアプリ教えてもらいました。

 

【GoogleAuthenticator】

これは、googleの二段階認証用の6桁の番号をリアルタイムに生成するアプリなんです。

 

iPhoneアプリ


Google Authenticator on the App Store on iTunes

 

Androidアプリ

Google 認証システム - Google Play の Android アプリ

 

生成された6桁の番号を 長押しするだけでコピーしてくれるので圧倒的にラク!

 

しかもよくよく調べると、EvernoteDropboxWordpressの二段階認証も対応しているとのこと。

知らなかった!Googleの認証システムはEvernoteやDropbox、WordPressにも使えますよ! | love guava!

 

セキュリティを強化しつつ、その不便をちゃんと解消するGoogleはさすがですね。

 

もし二段階認証の6桁の番号が覚えられないと諦めて設定していなかった方は、是非お試しを。

 

ではまた。